風祭factory 特集記事

激安系のブラインドは要注意。激安ブラインドの注意点とは?

激安ブラインドの注意点とは?

ブラインドの中にはかなり格安なものもあります。どうせ選ぶなら安いほうが良いと考えている方もいるかもしれませんが、安いなりの理由が隠れている可能性が高いので要注意です。

ここでは購入してから後悔しないためにも、ブラインドを購入する前に抑えておきたいチェックポイントについてご紹介します。
価格だけを重視して選んでしまうと失敗してしまうので、参考にしてみてくださいね。

激安ブラインドは要注意?チェックポイントをご紹介

あまりにも安いブラインドを購入すると次の5つの問題が発生する可能性があります。

  • 重すぎて昇降が大変
  • 光のコントロールが難しい
  • ペラペラの素材で安っぽい
  • 掃除がしにくい
  • すぐに壊れる


それぞれについて詳しくみていきましょう。

激安ブラインドの注意点1 重すぎて昇降が大変

ブラインドにはスラットと呼ばれるいくつもの羽があり、それをつなげて作られているわけですが、スラットの素材によっては非常に重いものがあります。

しかし、しっかりとした品質の商品ならスラットが重くてもスムーズな昇降ができるように負荷軽減パーツというものが使われているため、それほど力を入れなくても昇降が可能です。

ところが、激安商品の中にはコストを抑えるためにこういったパーツが使われていないものもあります。 そのような商品だと例えスラットが軽い素材で作られていたとしても昇降にはそれなりの力が必要になってしまうのです。

激安で粗悪なブラインドの中には新品であるにもかかわらずかなり力を入れて操作しなければならないものもあり、そういったものだと開け閉めするのも嫌になってしまうでしょう。

こういったトラブルを避けるためにも、粗悪な商品が多い激安のブラインドには十分に注意が必要です。

激安ブラインドの注意点2 光のコントロールが難しい

ブラインドはカーテンに比べると光のコントロールをしやすいのが魅力です。しかし、これはあくまで通常の性能を兼ね備えたブラインドに限って言えることです。 ブラインドで光のコントロールをする際にはスラットの角度を調整します。

ですが、どれくらい細かく調整ができるかはブラインドによって異なり、激安のブラインドは調整がうまくできないものも多くあるのです。

細かく調整したいと考えている方はあまり激安の商品を選ばない方が良いでしょう。

激安ブラインドの注意点3 ペラペラの素材・安っぽい素材

激安で販売されているブラインドに共通して言えるのが、高価なブラインドに比べると質が高いとは言えない素材を使っているということです。 当然ながら、質の良い素材を使おうと思えば、価格は高くなってしまいますよね。

そのため、安いということは素材に何か理由があると疑ってみましょう。

例えば、あまりにもペラペラですぐに折れてしまう可能性もあります。 いくら激安だからといって、購入してから数日で壊れてしまっては高くついてしまいます。薄くてもきちんと強度があれば問題はないのですが、そういったブラインドを安価で販売するのはなかなか難しいことです。 素材について一切触れられていない激安のブラインドには十分に注意しておきましょう。

激安ブラインドの注意点4 掃除がしにくい

高価なブラインドは掃除しやすいように設計されています。ですが、激安ブラインドの中には掃除しにくいものが多いため、使っている最中にキレイな状態を維持するのが大変に感じてしまうものもあるのです。

清潔な状態を維持しようと思ったらこまめな掃除をしなければなりません。ですが、掃除しにくいブラインドだとそれも難しくなってしまうでしょう。

掃除がしにくいために汚れを放置してしまうと、カビが発生する原因になります。 このような状態だと不衛生になってしまうので、買い替えを検討しなければなりません。いくら安くてもこまめな買い替えが必要になるブラインドだと、総合的にみて高くついてしまうので注意が必要です。

激安ブラインドの注意点5 すぐに壊れる

激安なブラインドは壊れやすいので注意が必要です。通常通りの使用をしていたはずなのにすぐに昇降用の紐が切れてしまったり、ほんの少し触れただけでスラットが折れてしまったりします。

他に、ギヤの部分に不具合が発生してブラインドの高さをうまく調整できなくなったり、すぐにチェーンが引っ掛かるような状態になってしまうことも。

細かい部品に安価な質の悪いものを使っていたり、精密に作られていない場合にこのようなトラブルが発生しやすくなってしまいます。 質の良い商品を作ろうと思えばどうしても価格はある程度高くなっていくものですよね。 激安なブラインドということは、それなりの理由があるのだと理解しておかなければなりません。

激安ブラインドの利用シーンは?

激安のブラインドは絶対に活用できないというわけではありません。 例えば、外から見えるのは嫌だと感じるものの、人が暮らすわけではない場所などにブラインドを設置する際に激安なものを選択してみてはどうでしょうか。 物置や、あまり開け閉めをしない天窓などに活用してみるのも良いですね。

特それから、オーダーメイドでブラインドを作ろうと考えた際に、それが届くまでの間、激安のブラインドで代用するという方法もあります。

ブラインドが傷みやすい場所にもおすすめ

家中の窓をすべて高価なブラインドにするのは難しいという方も多いはず。特にウッドブラインドは高級感があって人気が高いのですが、価格が高めです。 そこでおすすめなのが、場所によって設置するブラインドをうまく使い分けるということ。

例えば、リビングなど人目に触れることが多い場所には多少費用をかけておしゃれなウッドブラインドを設置し、ほとんど寝るだけの目的で使っている寝室には安価なアルミブラインドを採用するなど。

このようにすれば総合的な費用をおさえ、こだわりたいところはしっかりとお金をかけることができます。

すべてウッドブラインドにするお金がないからとウッドブラインドの導入を諦めかけている方も、激安なブラインドと組み合わせて産後的な費用も押さえてみましょう。

激安ブランイドとウッドブラインドの併用で快適な空間を演出

家中の窓をすべて高価なブラインドにするのは難しいという方も多いはず。特にウッドブラインドは高級感があって人気が高いのですが、価格が高めです。 そこでおすすめなのが、場所によって設置するブラインドをうまく使い分けるということ。

例えば、リビングなど人目に触れることが多い場所には多少費用をかけておしゃれなウッドブラインドを設置し、ほとんど寝るだけの目的で使っている寝室には安価なアルミブラインドを採用するなど。

このようにすれば総合的な費用をおさえ、こだわりたいところはしっかりとお金をかけることができます。

すべてウッドブラインドにするお金がないからとウッドブラインドの導入を諦めかけている方も、激安なブラインドと組み合わせて産後的な費用も押さえてみましょう。

安いのには理由がある

高価なブラインドと激安のブラインドでデザイン性や性能、使いやすさなどが同じなわけはありませんよね。 理由があるから安いのです。

とにかく価格重視で選んでしまうとあとから失敗したと感じることも増えてしまうので、慎重になって商品選びをしましょう。 激安なブラインドが気になっている方は、実際にその商品を使っている方の口コミ情報なども確認した上で検討したほうが間違いありません。

また、この記事でご紹介しているように激安のブラインドも活躍してくれるシーンがあるので、そういった場所で役立ててみてはどうでしょうか。 普段よく目にする場所に設置するブラインドはできれば性能が良く、信頼できるものを選びたいですね。

設置確認ゲージ
が付いてきます

サンプル・資料請求はこちらから

※ふるさと納税された後お届けするDM便と同じものです

カタログ