ウッドブラインドの豆知識

ウッドブラインドってどんなもの?

ウッドブラインドは直線的な見た目からお部屋をとてもすっきりと見せることができます。
また、引き違いの窓も大きなブラインドを一つつけることでまどを大きく見せる効果もあります。
ウッドブラインドの魅力はブラインドを取り付けるだけで部屋の見た目をすっきりとさせ、そこに温かみをプラスしてくれるところですね。

  • インテリアとしてのウッドブラインド
  • 3つに窓が区切られていながらも一つにまとまって見えます

ウッドブラインドは和室とも相性が良いのが特徴です。和室の硬い雰囲気を和らげたり、モダンな雰囲気にしたい場合などはウッドブラインドをご検討くださいませ。

機能としてのウッドブラインド

ウッドブラインドはインテリアとしてとても優秀な家具ですが、機能的にもとても優れています。

調光機能

一番の特徴が、スラットの向きを変えることで光量を調節出来ることです。
太陽は常時動いていますから部屋に入る光の量は必然的に変化します。
ウッドブラインドは天候や時間帯に合わせて光の量を調整することができ、快適な住環境を与えてくれます。

遮熱機能

隙間から風を通しつつ日射を遮蔽することできるため、
熱を遮断しながら部屋に停滞している熱を逃がすことができます。
ウッドブラインドだけで寒さがしのげない場合はカーテンと併用して頂ければより効果を発揮してくれます。KazematsuriFactoryのウッドブラインドならmm単位で作成するので寒さも軽減できます。

カーテンレールへの取り付け

カーテンとウッドブラインドを併用すると聞くと、少し統一感がなくなるような感じがするかもしれませんが、写真の様にカーテンとブラインドの組み合わせを工夫すれば見た目も機能もグレードアップできます。

カーテンレールへ取り付けられないかというお問い合わせが数多く寄せられますが、ウッドブラインドは重量があるためカーテンレールへの取り付けはできません。

木ネジを使わずに取り付けたいというご要望でしたら
弊社のフレームタイプはいかがでしょうか。
フレームを使用してブラインドを支えるため木ネジが不要で簡単に取り付けが 可能です。
諦めていた賃貸住宅にも取り付けることができますよ。

  • before
  • after


こちらはお客様の取り付け事例になります。
見ていただいてもお分かりの通りフレームがあっても目立つことはなく見た目にすっきりと取り付けることができます。

ウッドブラインドは寒い?

こちらもお客様からの問い合わせが多い質問です。
一般的にウッドブラインドは窓をしっかりと覆うことができないため寒さに弱いと言われています。
ただ弊社のウッドブラインドはmm単位で作成しておりますので、他社製品に比べ断熱能力は高いです。
寒さが気になる場合はスラットをしっかり締めていただいたり、カーテンを組み合わせていただくことで「コールドドラフト」を抑え対策することが出来ます。

カーテンとの組み合わせ

ウッドブラインドはカーテンと併用していただくとより効果を発揮いたします。

ウッドブラインドは視界を気にせず光と風を室内に取り入れられるというメリットがある一方で遮光性、断熱性が薄いというデメリットも併せ持っています。
反対にカーテンは遮光性や断熱性が高いというメリットを持っていますのでウッドブラインドとカーテンはとても相性が良いのです。
ウッドブラインドだけで寒さがしのげない場合はカーテンと併用して頂ければより効果を発揮してくれます。

カーテンとウッドブラインドを併用すると聞くと、少し統一感がなくなるような感じがするかもしれませんが、写真の様にカーテンとブラインドの組み合わせを工夫すれば見た目も機能もグレードアップできます。

メリットとデメリット

メリット

調光効果

スラットの向きを変えることで光の量を変えることができます。
太陽は常時動いていますから部屋に入る光の量は必然的に変化します。
ウッドブラインドはスラットの向きを変えることで部屋に入る光の量を調整し心地よい住環境を与えてくれます。
また、スラットの向きを調整し、光を天井に向かって送るようにすれば直射を防ぎつつ部屋を明るくすることもできます。

遮熱効果

日射を調整しつつ風を通することできるため、夏は部屋にとどまる熱を逃がすことができます。
冬はスラットの角度を調整し部屋に多くの太陽光をとりいれていただければカーテンを締め切っていただくより、暖かく気持ちよく生活することが出来ます。

お手入れが簡単

木目のおかげでホコリがあっても目立ちません。
お掃除の際もアルミブラインドは静電気のせいでホコリが取れにくいですが、ウッドブラインドはハタキなどで払っていただくだけで十分です。

デメリット

重量

重量があるため一日に何度も行き来する掃き出し窓などには注意が必要です。
ただウッドブラインドは最初から重いわけではなく、引き上げていくうちに重たくなっていきます。
そのため全部引き上げるのではなく、人が通れるくらいに引き上げるだけでしたら女性でも問題なく操作が可能です。

遮光性

次に遮光性がカーテンと比べて劣ります。
ウッドブラインドはどうしてもスラットとスラットのあいだに隙間が出来てしまいアルミブラインドの様に完全に締切るということができません。
また羽根が窓枠と干渉しないように隙間をもうけますので、その部分でも光漏れしてしまいます。

寒さに弱い

冬でも陽が当っているときは太陽光をたくさん取り入れられるので、とても暖かく過ごせますが夜や明け方はカーテンに比べ寒さを凌ぐのには向いていません。

ウッドブラインドの選び方

色の選び方

お部屋を明るく、すっきり、広く見せたい場合は「ナチュラル」などの明るめの色味をお選びください。
明るい色の方が光をよく反射するため、明るい色味を選んだほうが日中、夜、いづれも明るく過ごすことができます。
寝室や書斎など落ち着いた雰囲気にしたい場合は「ブラウン」がおすすめです。
間接照明との相性がよく、反射して暖かい光がお部屋に溢れます。
また参考にしていただきたいのが床材の色です。
基本的には床材と同等、または床材より明るい色味を選ばれると安定して見えます。
最近ではナチュラルカラーの床材が増えていますので「ナチュラル」を選ばれるお客様が増えています。

スラット幅の選び方

日本のウッドブラインドのスラット幅は25mm、35mm、50mmの3種類が基本です。
大きな窓が多い欧米などではもう少し幅が広いものもありますが、日本では見かけません。
スラット幅の選び方は窓の大きさで考えていただくのが理想です。
50mmのウッドブラインドが憧れという方も多いかもしれませんが縦横共に2000mmを超えるような窓でない場合は35mmの方が見た目にバランスがとれます。
また50mmの魅力はスラットの存在感ですが、窓枠に取り付ける際その分窓枠の奥行が必要となり、窓枠から飛び出してしまったり取り付けられなかったりと制限も多いです。

ラダーコードとラダーテープ

ラダーテープはウッドブラインドのアクセントになるだけではなく、
羽根に空いた穴からの光漏れを防止する効果があります。
デメリットとしては羽根を引き上げた際の畳代が大きくなるなる点です。
またコストも変わってきますので注意が必要です。

価格

価格が安いものは負荷軽減機構が導入されておらず重く感じることが多いので大きなブラインドを取り付ける場合は特に注意が必要です。
またmm単位オーダーに対応していないところがほとんどのため、光漏れが懸念されます。
部屋の雰囲気を変える為の目的だけだったり、昇降機能はほとんど使わない、また2,3年使えれば良い場合などはコスト優先でも良いのではないでしょうか
風祭Factoryの価格表を見る

自分にぴったりのブラインドを見つけるためのコツや基礎知識をご紹介します。
ウッドブラインド特集

たたみしろ

たたみ代とはスラット(羽根)を引き上げた際の厚みの事を指します。

高さのあるブラインドは、その分たたみ代が増えるため人の出入りのある掃き出し窓では注意が必要です。
出来るだけたたみ代を作りたくない場合は、正面付けにしていただく方法がございます。
正面付けにして、たたみ代の分だけ上に取り付けていただくと、たたみ代を気にせずご使用いただくことが出来ます。

取り付け方法(窓枠前か窓枠内か)

お部屋をすっきりと見せたい場合は窓枠内への取り付けがおすすめです。

窓枠の中に収まることでお部屋との一体感が増し、とてもすっきりとした印象になります。
ただ窓の奥行がある程度必要ですので注意が必要です。
窓枠前付けはウッドブラインドが前面に飛び出す形となりますので、ブラインドの存在感が増し、インパクトが大きくなります。
窓枠前付けする場合は木ネジが使用できることが条件です。

分割して取り付けるべきか

人が頻繁に出入りするような窓では利便性を考慮し分割して取り付けられる方も多いですが、
弊社では出来るだけ分割せずに取り付ける方法をオススメしております。

見た目

分割してしまうと無駄なラインが増えてしまい、1本で取り付けた場合と見た目の印象が大きく異なります。
1本で作成したほうが羽目殺し窓のような大きな窓という印象を持たせることができます。

機能性

分割するとブラインドとブラインドの間に隙間を設けることになりますので、
そこから光が漏れるようになります。
また分割することで重量が軽くなり風に煽られやすくなります。

風祭Factoryのウッドブラインドなら

弊社では負荷分散用のパーツを使用しておりますので、
弊社で取り扱いのあるサイズでしたらそこまで重く感じることもなくご使用いただくことが可能です。
また、ウッドブラインドは最初から重いわけではなく、引き上げていくうちに重たくなっていきます。
そのため全部引き上げるのではなく、人が通れるくらいに引き上げるだけでしたら女性でも問題なく操作が可能です。

<<風祭Factoryのウッドブラインドを見てみる>>

お手入れ方法

アルミのブラインドに比べてホコリは目立たないですが、定期的に清掃することをオススメいたします。
日頃のお掃除では雑巾やモップで乾拭きで問題ありません。汚れがひどい時などは水ぶき、中性洗剤をお使いください。
製品によって取り扱い方は異なりますので、各製品のお取り扱い方法をご確認ください。

最近ではスラットを挟み込んで拭くことができるお掃除グッズが売られていますのでお手入れも以前より簡単になりました。

【注意事項】

  • 木製ブラインドは塗装がハゲてしまったり反りの原因になるためお風呂場での使用は避けてください。
  • キッチンでは水しぶきが飛ぶ場所でなければ特に問題はありませんのでご使用いただけます。