風祭factory 特集記事

ウッドブラインドにするメリットとは?あえて木製を選ぶ理由

あえて木製を選ぶ理由

ウッド(木製)ブラインドには実に様々な魅力があります。ウッドブラインドを選ぼうかどうかで悩んでいる方はメリットから押さえておくと本当に自分に合っているかどうかが判断しやすくなります。 ここではウッドブラインドのメリットや通常のブラインドとの比較、注意しておきたいデメリットなどについてもご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

ウッド(木製)ブラインドのメリットをご紹介

ウッド(木製)ブラインドのメリットとして挙げられるのは、次の5つです。

  • 温かみがある
  • 和室との相性が良い
  • 掃除が簡単
  • ホコリが付きにくい
  • 羽が折れにくい


それぞれについて詳しくみていきましょう。

ウッド(木製)ブラインドのメリット1 温かみがある

ウッドブラインド最大の魅力とも言えるのが、木の温かみを感じることができるという点です。 昔からアルミや金属でできたブラインドが主流ではありますが、何となく冷たい印象を受ける方も多いのではないでしょうか。

窓辺から暖かい太陽の光が入ってくるのに、ブラインドのせいで冷たい印象になってしまうともったいないですよね。ウッドブラインドならそういったこともなく、柔らかな陽の光を十分に活かすことができます。

取り付けにおいて特に気を付けなければならないのが、賃貸住宅でブラインドを設置したいと考えている場合です。賃貸住宅は勝手に壁などに穴を開けることができないので、穴を開けずに設置できる方法を選択しなければなりません。

触った時に感じるひんやり感も金属に比べると少ないですし、全体的にお部屋の雰囲気も柔らかくなるでしょう。

金属製のブラインドの中には木の木目がプリントされているものもありますが、これでは木が持っている本来の温かい印象を出すことはできません。 どうしても似ても似つかないものといえるので、温かい印象のブラインドを取り入れたいと考えている方はウッドブラインドから検討してみましょう。

ウッド(木製)ブラインドのメリット2 和室との相性が良い

ウッドブラインドが持っている木の温かみは和室とよく馴染みます。 日本らしさを感じさせる和室に金属のブラインドは合いませんよね。

一方、ウッドブラインドなら和室の雰囲気を損ねることなく、全体的な調和も取れやすくなります。 お部屋全体のイメージを統一させたいと考えている方も和室にはウッドブラインドを設置してみてはどうでしょうか。

和室はそれだけで和の雰囲気を感じられますが、ウッドブラインドを取り入れると窓辺まで和風にそろえることができます。

ウッド(木製)ブラインドのメリット3 掃除が簡単

金属製のブラインドとウッドブラインドを比較すると、ウッドブラインドのほうが羽が太く、掃除しやすいです。 いつまでも美しく清潔にブラインドを使うためにもこまめに掃除をしたいですよね。

しかし、毎日ブラインドの掃除をするのはなかなか大変な作業です。 金属製のブラインドの場合は羽が細く、一つひとつの羽を丁寧に掃除しようと考えると意外に時間がかかります。ですが、ウッドブラインドは掃除しなければならない羽の本数が少ないので、短時間で掃除を終えることができるでしょう。

掃除の仕方はとても簡単。ブラシのついた掃除機など、全体的なホコリを吸い取るだけでもかなり美しくなります。 また、ハンディモップを活用するのも良いでしょう。 木でできているので基本的に掃除に水は使いません。両手に軍手をはめ、羽をなでるような形で掃除すると楽ですね。

ウッド(木製)ブラインドのメリット4 ホコリが付きにくい

ス金属製のブラインドでは静電気が発生しやすく、ホコリを寄せ付ける特徴がありますが、ウッドブラインドはそうではありません。 例えば、アレルギー体質の方などはできるだけホコリ対策をしたいですよね。

室内には小さなホコリのたくさん漂っていますが、それがブラインドに吸着し、外からの風を入れた瞬間に家の中にたくさん舞ってしまうようだと困ります。

ただ、ホコリが付きにくいといっても全く付かないわけではありません。定期的にも掃除をしないと小さなホコリが積もってしまう可能性もあるので、この点は注意しておきましょう。

ウッド(木製)ブラインドのメリット5 羽が折れにくい

ブラインドにはスラットと呼ばれる羽がありますが、アルミタイプだと羽が折れてしまうことがあります。 しかも厄介なことに一度折れてしまうと元に戻すのが難しいため、修理が必要になってしまうのです。

一方、ウッドブラインドは羽が硬く、太いため折れにくいのがポイント。 そういったこともあり、長持ちすることが多いです。 長期間にわたって故障することなく使えるブラインドを探しているという方は、ウッドブラインドを検討してみてはどうでしょうか。

ウッド(木製)ブラインドと通常ブラインドの比較

ウッドブラインドと通常のブラインド(アルミ)の違いについて表にまとめました。

 

ウッド(木製)
ブラインド

アルミ
ブラインド

価格

高め

安め

イメージ

重厚感と
温かみがある

シャープで
シンプル

折れにくい

折れやすい

重量

重い

軽い

耐水性

低い

高い



特に悩む方が多いのは価格帯ではないでしょうか。 一般的にはアルミに比べるとウッドブラインドのほうが高価です。

ホームセンターなどでかなり格安のウッドブラインドが販売されていることもありますが、ある程度品質の良いものを選ぼうと考えているのなら、アルミより格安のものは品質の点で問題がある可能性も高いので注意しておかなければなりません。

また、耐水性についてですが、これは商品によって大きく異なります。 ウッドブラインドの場合はしっかりとした耐水性の商品を選ばないと、結露が発生しやすい場所に設置した際にカビが生えてしまうこともあるので気をつけましょう。

ウッド(木製)ブラインドのデメリットや注意点はある?

ここではウッドブラインドのデメリットと注意点について2つご紹介します。

カビが発生してしまうと大変

先述したように、カビの問題には注意しておかなければなりません。 アルミの場合は多少お手入れが行き届かずにカビが生えてしまったとしても表面上で菌がとどまっているので、きちんと掃除をすれば元の美しい状態に戻りやすいです。

しかし、木の素材の場合はカビの菌が内部まで侵入し、お手入れをしても手遅れになってしまうことがあります。 こまめに掃除をし、美しい状態を維持しましょう。

丁寧に掃除をしていたはずなのにウッドブラインドにカビが生えてしまったという方もいますが、こういった方の多くは水拭きで掃除をしている可能性があります。 頑固な汚れなどがあった場合に多少水拭きするのは仕方がありませんが、しっかり乾かすように注意しましょう。 基本は乾拭きです。

大きなウッドブラインドは重い

重量感の問題にも注意が必要です。

大きなブラインドを設置するとそれだけ重くなり、昇降時に力が必要になるので、設置する場所によってはウッドブラインドと通常のブラインドをうまく使い分けることも検討してみましょう。

どれくらいの重量があるのかはウッドブラインドによっても異なるので、事前に確認しておいたほうが安心です。

ウッド(木製)ブラインドは魅力がたくさん

いかがだったでしょうか。 ここでは木製のウッドブラインドを選択する魅力や、注意しておきたいポイントなどについてまとめました。

ウッドブラインドは近年とても人気が高まっていって、見た目を重視して検討している方から選択されることが多いです。それに加えて機能面でも満足している方が多いのが魅力だと言えます。

ウッドブラインドも金属のブラインドもそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらを選択しようか考える際に今回ご紹介した内容を役立ててみてくださいね。

設置確認ゲージ
が付いてきます

サンプル・資料請求はこちらから

※ふるさと納税された後お届けするDM便と同じものです

カタログ