TEL:0538-30-7144

(営業時間9:00〜17:00 土日祝休)

フレームタイプ

フレームタイプ

木ネジを使用せずフレームでブラインドを固定する方法です。木ネジが不要なため賃貸住宅でも安心して、そして簡単にお取り付け可能です。フレームタイプの概要はこちらをご覧ください。

窓枠内に木枠(フレーム)を取り付け、そこにブラインドをはめ込み取り付けます。

リンク

ご覧になりたい項目を選択すると遷移します。

取付手順

設置条件

採寸方法

取付手順

STEP 1片側のフレームを取り付け

STEP 2ブラインド本体とフレームをはめ込む

STEP 3カバーをつけて完成

詳細手順

詳細の手順は以下スライドショー、動画をご覧ください。

※フリックで次ページへ※

設置条件

窓枠の奥行きが最低75mm必要です。85mm以上あればヘッドカバーを含めて窓枠内へ納めることが出来ますが、これ以下の場合には部屋側に一部(ヘッドカバー、フレーム)がはみ出します。

安定して取り付けることができないため、取り付け不可能となります。

フレームの一部、ヘッドカバーが窓枠から飛び出ますが取り付けは可能です。

フレームの一部、ヘッドカバーを含め窓枠内に収まります。

注意事項
  • サッシの取っ手や、セキュリティーセンサーなど干渉する恐れのあるものがないかご確認ください。
  • 窓枠の一部がアルミで覆われている場合は木ネジが当たらないようずらして設置していただく必要がございます。

採寸方法

窓枠の内寸をお測りください。横幅が1826mmを超える場合は分割での取り付けとなります。詳細を確認する

注意事項
  • 窓枠の奥行も測っていただき設置条件を満たしているかご確認をお願いいたします。
  • 出来るだけぴったりと設置するために長さはmm単位で測っていただきますようお願いいたします。
  • 高さは羽根単位での調整となります。長め、短め希望があればご連絡ください。

気になるお客様事例をクリック!